改善への道筋


長年に渡る支援経験から、精神不調の方はほぼ例外なく、強い緊張や圧迫により   からだへ大きな負担がのし掛かっているものです。その結果として、病気でも熱があるわけでもないのに頭、腹、頸、肩、腰といった全身各所の痛み・強張り、胸の違和感、重だるさ、眼の疲れ、内臓の不調といった様々な身体症状に悩まされます。

 

そんな方に対して、心理カウンセリングは有効な方法ではありません。一般に考え  られている以上に、カウンセリングは心身に負担が掛かるものなのです。鞭打つことになりかねません。

 

まず必要なのは、負担を取り除き、心身を開放して差し上げることです。

 

からだとこころへ同時に働き掛け、からだを楽にし、こころを軽くできるのが、私共が施行する心理リラクゼーションストレスリダクション法)です。

 

ただ1度の心理リラクゼーションストレスリダクション法)の施術によって心身が解放され、自然と 調子が上がり、あとはご自分で回復されることも決して  少なくありません。